あなたの腰痛の考えを教えて下さい。 腰痛の辛さや悩みについてならお任せください

2009年08月23日

あなたの腰痛の考えを教えて下さい。

腰痛、いやなものです。腰痛がひどくなると、毎朝起き上がることもつらくなります。早めに正しい腰痛対策をして、腰痛で悩まないようにしたいものです。腰痛の症状としては、しびれや痛み、ひどい場合は排尿ができなくなることもありますが、腰痛対策をする前に原因が何かをしっかり知っておく必要があります。腰痛の原因として多いのは、腰を支える骨筋肉の故障ですが、それ以外にも内臓疾患によるもの、さらに精神的なストレスも腰痛の原因になるのです。じん帯や腰周辺の筋肉、椎間板の小さな損傷が原因で起こるのがぎっくり腰ですが、ほかにも強度の骨粗しょう症や骨腫瘍などの病気からヘルニアを起こすこともあります。内科的な疾患がある場合の腰痛は、腰のくびれより上と骨盤に痛みが出ることが多いのですが、原因としては腎臓、膀胱などの泌尿器系と精巣、卵巣、子宮などの生殖器系に分けられます。特に女性の腰痛の場合、背骨が原因でないことも多いので、家系で婦人科の病気になったことがある人がいたり、最近生理に変化があったりした等の場合は気をつけてください。腰痛対策として、気をつけなければならないことの一つにイスの座り方があります。特にパソコンを操作する姿勢は頭が前に出て腰に負担をかけるので、30分に一度は休憩を入れてストレッチなどをするようにしてください。それから、寝るときの姿勢もチェックが必要です。あなたはうつ伏せで寝ていたり、柔らかいベッドを使ったりしていませんか?どちらも背骨が反り過ぎるので、腰に大変負担をかけてしまいます。さらに腰痛予防としては、無造作に物を持ち上げるのは危険です。特に立ったままで腰を曲げて荷物を持ち上げるのが一番ぎっくり腰になりやすいので、必ずしゃがんで体全体で持ち上げるようにしましょう。また、肥満気味の人は腰にかかる負担が大きいだけでなく、運動不足による筋力低下で背骨を支える機能も低下するので腰痛を起こしやすいのです。ストレッチは腰痛対策としても有効ですが、その効果を高めるには「気持ちの良い範囲でゆっくりと伸ばす」ことです。勢いをつけたり、誰かに押してもらってのストレッチはかえって腰を痛めたりすることもありますから注意が必要ですね。腰痛で悩んでいるのに、検査をしても原因が分からないという場合には、ストレスが原因になっているかもしれません。自律神経が乱れることから慢性的な腰痛になるとも言われていますから、症状がひどいときはカウンセリングを受けることも考えましょう。


こんなことで、腰痛が!! 夢の中までアンチエイジング/ウェブリブログ
このような座り方は腰痛の大きな原因となります。また、明らかにがに股で歩いている女子高生や、電車の中で足を開いたまま座っている女子高生も目に付きます。彼女達は運動不足で腹筋が弱まり、お腹を突き出すような姿勢しかできなくなり、......


やすやすとチェンマイ暮らし: 腰痛い
チェンマイに暮らして10年以上が経ちました。自分の周りで起こる日々の出来事や個人の想いを綴っています。...


腰痛のときの睡眠|e〜ねむり工房 快眠環境の情報サイト
腰痛のときの睡眠について。気持ちよく睡眠出来た翌朝は、体も軽く気分も爽快です。眠りは、私たちの知覚を司っている脳の唯一のリラクゼーションシステムです。そして睡眠は健康な暮らしや美肌をキープしていくためにもとても大切なものです。...


posted by 腰痛アドバイザー at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 辛い腰痛の悩み解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。