腰痛基礎知識 腰痛の辛さや悩みについてならお任せください

2009年07月22日

腰痛基礎知識

腰痛で悩んでいる人って多いですね。現代の生活はどうしても腰に負担がかかることが多いですが、普段の腰痛対策で早めに対処をしておくようにしましょう。腰痛の症状としては、しびれや痛み、ひどい場合は排尿ができなくなることもありますが、腰痛対策をする前に原因が何かをしっかり知っておく必要があります。腰痛の原因としては、内臓に疾患がある場合や、精神的なストレスが原因もこともありますが、やはり一番多いのは腰を支える骨筋肉の故障でしょう。背骨に原因がある腰痛の中でも、中年以上に起こりやすいのは変形性脊椎症といって、脊椎の軟骨がすりへったり硬くなったりすると関節同士がうまく合わなくなって痛みを生じます。内臓の病気が原因で腰痛が起きるケースで、良く聞くのは腎臓の機能低下です。これは、腎臓と腰からつながる神経が同じルートを共有しているために勘違いする関連痛です。思春期の女性に多く見られる症状で月経困難症というのがあります。生理の際に、腰痛・下腹部の不快感・下腹部痛が治療を必要なほど強い症状ですが、通常は加齢と共に症状は改善されていきます。長時間座ってパソコンを操作することの多い人は、毎日腰に負担をかけています。20〜30分に一度は立ち上がってストレッチなど、腰を動かすことを意識してください。それから腰痛対策としては、寝るときの寝具にも気を使いましょう。やわらかいベッドや高すぎる枕は、腰が沈むので不自然に背骨が曲がってしまいます。適度な硬さのある敷布団を選んでください。さらに腰痛対策として必ず気をつけていただきたいのは、重いものを持ち上げる時です。中腰で持ち上げたりすることのないように、必ずしゃがんで荷物を持って、脚の力で立ち上がるようにしましょう。また、肥満の場合はいつも重い荷物を背負っているのと同じですから、背骨が曲がったり運動不足による筋力低下で腰への負担が大きくなったりしますから、腰痛対策としてもダイエットは大切といえます。ストレッチをする時には、呼吸にも気を配りましょう。体を前に倒す時は息を吐く、逆に後ろに反るときは吸うのが基本です。腰痛対策としてストレッチは非常に有効ですから、ぜひ日ごろの習慣にしてください。腰痛で悩んでいるのに、検査をしても原因が分からないという場合には、ストレスが原因になっているかもしれません。自律神経が乱れることから慢性的な腰痛になるとも言われていますから、症状がひどいときはカウンセリングを受けることも考えましょう。


腰痛・坐骨神経痛の資料(健康ツボ教室用) - 鈴木はり灸院の健康日記 ...
腰痛・坐骨神経痛の資料(健康ツボ教室用)...Re[1]:腰痛・坐骨神経痛の資料(健康ツボ教室用)(06/16),NOBO18さん.チャメリーさん今晩は。コメントありがとうございます。デジカメでネジ花の撮影は難しいです。でも今回は何とかピントが合いまし......


全日本モトクロスはマディだったようで、|杉並区京王井の頭線 ...
久我山整体/全身調整師の杉並区京王井の頭線富士見ヶ丘駅の整体院久我山腰痛肩こりケアセンターの記事、全日本モトクロスはマディだったようで、です。...


ゑみのひつまぶし 腰痛に耐え抜いて
ここ一週間ほどずっと腰が痛くて動けません(´っω・。`)まぁ、休みに入るしと思ってムリして仕事もしてたのも響いてるな・・・。ちゃんと毎日接骨院通ってるし、湿布もきちんとはってるんだけど、全く治りません(´っω・。`)ホント、動かなくていいなら......


posted by 腰痛アドバイザー at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 辛い腰痛の悩み解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。